ラグビーの学校

学生時代ラグビーをしていました。その経験をおもしろおかしく、ためになるように適当に書いてます。

【保護者向け】ラグビー部に入部させたらやるべき5つの方法。(中学生編)

中学生は小学生と違って他校の人が集まり、先輩後輩という関係も強まります。そして、中学1年生にとっての3年生はものすごく年上に感じる大きな存在となります。そんな環境変化の中でラグビー部に入部した子供のこと。親としては心配で気になりますよね。ここでは中学校のラグビー部に入部した場合のやるべきことをまとめました。 

 

 1.保護者会などはなるべく参加しましょう

これは、保護者間の横のつながりを大事に…というよりは保護者であるあなたが安心して子供をあずけられるようになるために聞いておいたほうがよいのでお勧めしています。もちろん、仕事や家庭の事情があるので必ずすべて出席する必要はないと思いますよ。

いろんな家庭の人が集まりますが、「子供が健康で一生懸命頑張ってくれればいい」といった気持ちは皆似ています。同級生や先輩、後輩は選ぶことはできません。子供がどういった環境でラグビーをするのか知った上で子供に接することができれば、的確なアドバイスや支援をできるかもしれません。

 

2.子供の話をたくさん聞きましょう

私は一人っ子でしたので、中学一年生でラグビー説明&新入部員挨拶の時は本当にドキドキしました。最初の練習の時にチーム鬼ごっこや人数ゲームなどをやって新入生が部に馴染みやすくしている学校もあるみたいです。私の場合はパス練習からでした。子供も多くの不安を抱きながら練習に参加しますが、はじまってしまえば馴染んでいくものです。初日にたくさんの事を聞くのではなく、毎日少しでも「今日はどうだったの?」という感じで聞いてみてください。ちゃんと答える日も答えない日もあるでしょう。でも、答えないからといって聞くのをやめることは避けてください。子供から言いたいことがある日も必ずありますから、毎日聞くことが大事な応援にもなるんです。

 

3.試合を見に行きましょう

子供が試合に出場する・しないにかかわらず、なるべく子供のいるチームの試合を観に行きましょう。中学生といえばちょうど反抗期ですので、「来るな」と言われてしまうかもしれませんが、こっそりでも行くことをおすすめします。私は1年生、2年生の時は水係で試合には出れませんでしたので、母親には来て欲しくありませんでした。もちろん「来るな」と言いましたが、試合場に母の姿を見て照れはしましたが、その場で怒ることはありませんでした。今では感謝しています。

保護者会などの集まりは実は保護者も気を使うイベントですよね。どんな人たちで仲良くなれるかが気になるのは子供も親も同じです。試合観戦はそういう意味では本当に楽に溶け込める場ですので、良いことだらけですよ。

「〇年生の〇〇の母です。いつもお世話になってます。」といった自己紹介を監督や周りの保護者の方にすることで簡単に仲良くなれますよ。

 

4.反抗期に負けないトレーニングをしましょう

先程も書きましたが、中学生は反抗期のピークです。「いらない」「来るな」など、親側が良かれと思った行動は拒否をしてきます。怒ってくることもあるでしょう。しかし、所詮は中学生です。私の場合は夏場は氷水を持たせられたり、試合は出ない試合も来られたり、ジャージを買いにはついてこられたり…当時は嫌だったし反抗したと思います。大人になった私は親に感謝しかありません。トレーニングと書いたのは反抗期を全部拒否して強引に…というわけではなく、上手に付き合っていく親側のトレーニングと思ってください。子供の反抗期も少しは理解しつつ、しっかり応援してあげる方法に悩むのがトレーニングと言えるでしょう。

 

5.やめさせない努力をしましょう

ラグビーの練習は正直言って辛いです。長距離、短距離、筋肉量、判断力、勇気など心技体のあらゆる部分を鍛える必要があります。私はかなり太っていましたので、長距離を走るのが本当に苦手だったことと、優しいと言えば聞こえが良いのですが「臆病」でした。中学生のレベルでは私の感覚だと、気が強ければ簡単に上達するのではないかと思います。大きいくせに臆病だった私はキツイ以外ありません。勉強も嫌いでしたがラグビーをするくらいなら受験して高校へ行ってラグビーをやめたいと思いました。

両親からももちろん説得されましたし、後から聞いた話ですが、なんとか続けさせたいと母が当時ラグビーの監督に話し合って監督の推薦と説得もあって私は高校でもラグビーをすることになりました。今でも覚えています。中学生の私のラグビーは苦痛でした。やめたかった。やめれなかった。やめなくてよかった。といった感じです。 

いかがでしたでしょうか。中学生のラグビーをやっていて良かった思い出やご両親の苦労話、ラグビーをさせようとする方の気持ちなどよければコメントに書いてくださいね。