ラグビーの学校

学生時代ラグビーをしていました。その経験をおもしろおかしく、ためになるように適当に書いてます。

【海外プレー動画】ブレイクダウンの見せ場はフランカーだけではない

 
これを見るとジャッカルはフランカーだけの仕事ではないんだなあと感じます。確かに体格と重量のあるプロップがジャッカルをすれば相手は簡単にはどかすことができませんね。プロップが密集でボール獲得の意識がこんなにあるなんてすごいと感じたので紹介しました。
 
ジャッカルは2名で行っています。2人ともプロップです!しかも速い!!
 
重要なのは2人ともしっかりと両足を広げ最後まで立っているということです。
 
ジャッカルは
  • オーバー(直線的な排除方法)される
  • ローリング(抱えられて転がられる排除方法)される
  • オーバーザトップ(相手に出るはずのボールに飛び込み、攻撃を寸断する反則。)を狙い逆に体を引き込まれる
 などさまざまなことをされます。
 
基本的に相手より早く両足でしっかりと体制をとり、ボールに働きかけることができるかの勝負ですね。私はプロップも経験しているので、両プロップがこんな見事なジャッカルができるなんて本当に感動しました。
 
私のプロップ時代は走りたくないから
「"誰か"がジャッカルするだろう」とか、「あ、ラックができた。ディフェンスラインに行こう(俺はプロップだから近場ね♡)」とか考えていました。
 
 
 *2
 
こちらもお見事!相手はものすごい勢いではがしに来ていますが、こちらも両足でしっかりとポジションをとってボールに働きかけています。倒れないが重要ですね。
 
 

最高の3秒間

私には、おバカな後輩(ジャッカルは天才)がいて、ジャッカルマスターと勝手に呼んでいます。そのジャッカルマスターが言うには3秒間だけ自分がボールを掴んでいればだいたいレフリーの笛が鳴るそうです。
 
その3秒間を心の中でカウントして、その時の自分は笑っていると思うと言っていました。そんなサイコな後輩は、ジャッカルを数えているとも言っていました。数は覚えていませんが、後半だけで20回とか何とか…
 
ジャッカルだけのスポーツなら日本代表になれるとか言っていたので無視しましたが、3秒間数えるというのは集中できるので良さそうですね。3秒間だけ、姿勢をとりボールにしがみつく。
 
やはり、姿勢が良いとレフリーも笛を吹きやすいでしょう。
次世代のプロップの皆さん。動画のようなプレーが求められますよ。
 
 
以前のブログでジャッカルは「気持ち」と紹介しました。こちらも是非チェックしてみてください。