ラグビーの学校

学生時代ラグビーをしていました。その経験をおもしろおかしく、ためになるように適当に書いてます。

【ルール解説】ラグビーのキックオフについて

キックオフは、試合開始または後半開始時にするドロップキックをいいます。 

 *1

 試合開始や、後半開始の時、トライ後のコンバージョンやペナルティーゴールの後の試合再開などでハーフウェイライン上の中央で行われます。 

前半と後半でキックオフは入れ替わります。Aのキックオフで前半開始したら、後半はBのキックオフでスタートします。Aが得点したら、Bのキックオフで試合再開します。

 キックオフはハーフウェイラインより後方であればどこからでも問題ありません。ただし、味方の選手はボールを蹴るまではキッカーよりも後ろに位置していなければいけません。ですので、下がりすぎても陣地合戦で不利になるため多くの場合ハーフウェイラインの中央で行われます。

 

7人制ラグビーの場合

7人制ラグビーの場合は攻撃のチャンスを増やすという観点から、得点した側がキックオフします。Aが得点したら、Aのキックオフで試合再開します。キックオフを受ける側が攻撃を仕掛けるからです。

 

キックオフのノット10m

 

 *2 

キックオフは相手陣側の10mラインを超えなければなりません。これはバウンドしたり転がったりしてもOKです。とにかく相手選手に触れずに10mラインを超えるかどうかが問題です。 

もし、Aが蹴ったキックオフのボールが10mラインを超えなければ「ノット10m」となり、 Bチームには選択肢が与えられます。

  • Aのキックオフでやりなおし。
  • ハーフェイラインの真ん中でBボールのスクラム。

私の経験上、キックオフのやりなおしはあまり見かけません。ほぼ、センタースクラムが選択されます。(キックオフは10M下がって受けなければなりませんが、センターでマイボールスクラムのほうが安定して試合を組み立てやすいからです)

 

アドバンテージの場合もあります

レフリーによってはアドバンテージをみたりします。「ノット10mかな・・」という感じで気を抜いてはいけません。アドバンテージ中、B側の選手はたとえノックオンしても先のノット10mが適用されますので、積極的に攻撃をしたほうが良い場合もあります。逆に、A側としては相手にアドバンテージとなり攻撃をしてくる可能性があるのでボールの確保が急がれます。

 

ダイレクトタッチになった場合

Aがキックオフで蹴ったボールがダイレクトにタッチラインを超えた場合はBに選択が与えられます。

  • Aのキックオフでやりなおし。
  • ハーフェイラインの真ん中でBボールのスクラム。
  • Bボールのラインアウト。(クイックスローインもOK)

ラインアウトはハーフウェイラインよりB陣側で行われることはありません。キックオフされたボールがB陣側でタッチにでたときはハーフウェイライン上でラインアウトになります。 

風でボールが戻されてハーフウェイラインよりキックオフした側でタッチにでた場合は、その地点でラインアウトとなります。いずれにしても、キックオフは10mを超えたフィールド内に落ちなければBチームのボールでプレーが再開するということですね。

 

10mは空中も計算に入る

 レフリーの判断&マイナーな話ですが、キックオフのボールが上空で10mライン上を超えていたら、たとえ風でボールがもどされたとしてもキックオフが成立になりノット10mとはならないようです。これは、マニアックな知識でありレフリー次第ですので選手は文句を言ってはいけませんよ。 

そもそも、そんなキックオフないだろう・・と思ったあなた。この動画を見てください。

 *3

すごい風ですね。この動画ではA陣側のインゴールを超えてしまいましたが、Bの選手がボールを押さえていればトライとなります。 

 

怒られる度:★★★
ボールを蹴る前にキッカーより前に出てしまう

これは、ボールをキャッチした相手にタックルするぞ!と意気込みすぎた選手がやってしまうミスです。レフリーはしっかり見ていますので注意が必要です。中央でB側のスクラムになってしまいます。 気をつければ防げるため、そして何となくチームの勢いを消してしまうということで結構怒られるかもしれません。

 

 

怒られる度:★
10mに達しないキックをしてしまう

これはミスキックの場合のみ「おいおい・・。」となります。10mギリギリ狙いの場合はあまりミスキックでも怒られないイメージです。なぜ、ギリギリを狙うかというと蹴ったボールを競り合うためです。とりあえず、スタートの起点となる動作なので怒られはしませんが、士気がほんの少し下がるかもしれません。

 

この場合の怒られる度:★★★★★
ロックの落下点ミス&プロップに直撃

 私はロックをやっていましたので、キックオフは苦い思い出があります。ロックあるあるなのですが、キックオフのボールが高確率で自分の所へきます。キックオフの陣形でロックとプロップのコンビがいるのを見かけますよね? あれはいち早く、ロックがボールの落下地点へ行ってプロップに持ち上げてもらってジャンプキャッチをするためです。

私の苦い思い出は菅平での練習試合、風の強い日。キックオフで相手の蹴ったボールは高く高く上がりました。私は数秒間ウロウロして、やっと落下点を見つけます。 

「ここが落下点なり!」と心で叫び渾身のジャンプ! 

「あれ??後ろの相方(プロップ)いなくね?」 

どうやら、私がウロウロしすぎたため足がもつれて転んだようです。プロップはボールを見ずに私の動きだけを見て動きますからね。

しかも、落下点は全然違い 運悪く転んだプロップの頭に直撃!!

 

こんなことあるのかと。何分の1の確率なのか。。もちろん、監督は爆笑。プロップは激おこ。こうならないためにも普段から練習が必要です。

 

キックオフの個人練習が重要

キックオフのチーム練習はもちろんやっていると思います。ラグビーの試合は開始10分で決まる!と言われるほど最初は肝心です。そのため、キックオフでしっかりとボールをキープする練習、ボールを競り合う練習は必要です。

そんなキックオフ練習の質を上げるためにも、別時間でキッカーとロックとプロップはキャッチ練習をしておく必要があると思います。

キッカーは正確なキックの練習になるし、ロックは落下点判断とキャッチ力、プロップは動作とリフトの練習になります。

意外と良かったのは、キッカーと仲良くなれます。結構バックスとフォワードは個人練習の時間は分かれてやりますからね。お互いポジションが違い仕事が違っても上達する目標に向かうというのは良いものです。

 

ゴールキック練習のボールをキャッチする

私が大学時代にやっていたのは、ゴールキック練習のボールをプロップを連れてキャッチ練習していました。ゴールキック練習はキッカーにとってとことんやりたい練習ですから長時間練習ができますよ。是非参考にしてみてください。

 

いかがでしたでしょうか。キックオフだけでもドラマがありますね。よければキックオフに関する思い出をコメント欄にお願いします。