ラグビーの学校

学生時代ラグビーをしていました。その経験をおもしろおかしく、ためになるように適当に書いてます。

【トレーニング】【お買い物】フィットネスバイクで基礎代謝を上げる

フィットネスバイクの有酸素運動 

 *1

フィットネスバイクは有酸素運動に非常に効果的です。有酸素運動とは、長時間継続的することによって、酸素を取り入れながら脂肪をエネルギーとして燃焼させる運動のことを言います。これには脂肪燃焼効果のほか、代謝量の向上、血行促進効果など健康にもラグビーにも良い効果が期待できます。

 

フィットネスバイクはリカバリーにも効果的

リカバリーを聞いたことがあると思います。効果的なトレーニングは、過負荷を与えることによって超回復を実現しパフォーマンスを向上させるものです。超回復とは激しいトレーニングの後に十分な休養をとることによって負荷をかける前よりも強くなる現象のことです。 

逆に運動強度が低すぎると、パフォーマンス向上は望めません。また、長期の過度のトレーニングに不十分な回復時間や他のストレス要因が加わることによりパフォーマンス低下や慢性的な不適応を引き起こすことがあります。

 その予防やパフォーマンス向上の為にもリカバリーは重要です。ラグビーの試合の翌日やハードな練習の後のリカバリーを効率よく進める為に、十分な休養期間とともにアクティブリカバリー(フィットネスバイクや軽いジョギング)やセルフケア(交代浴やストレッチング等)を取り入れることも重要です。

 

フィットネスバイクの良いところ5選

運動の場所や時間を選ばない

天候や時間に左右されず、自身のペースで長時間運動ができるということはアスリートにとって大きな利点です。雨でも夜でも室内で安全にトレーニングできるのが良いところです。 

様々な種類がある

フィットネスバイクは種類が豊富にあるので静音型や振動しないタイプ、折りたためるタイプなどが選べることが良いとこです。

そんなに高くない

フィットネスバイクはおよそ2~3万円前後で購入できます。もちろん高級になれば上限はありませんが、ラガーマンが使用する分には標準的なもので十分トレーニングが可能です。 

関節の負担が少ない

ペダルを「こぐ」動作は、関節にかかる負担が少なく、運動が苦手な方や苦手意識を持っている方にも最適です。もし、私が中学や高校生時代にフィットネスバイクを持っていれば太っているからプロップというパターンは防げたかも・・。 

ながら運動ができる

座り姿勢で行える運動なので、雑誌やテレビ、スマホ操作などの"ながらの運動"が可能なのも良いところです。私はいつもyoutubeのラグビー動画を見ながらフィットネスバイクをこいでいます。

  

一家に一台。お父さん、お母さんにもおすすめです。

脂肪燃焼効果が高く、カロリーの消費量も高いフィットネスバイクの運動は、20分間こぐだけで効果的というのが最大の利点です。ラガーマンだけでなく、自分にあった負荷で行えるため、お父さんやお母さんのダイエットや健康のためにもフィットネスバイクはおすすめですよ。

お父さんは、休日の朝がおすすめです。夕方が1日のうちで最も基礎代謝、体温が上昇している時間帯で消費カロリーが高くなる時間帯のためダイエットには本当は夕方が適した時間帯と言えますが、モチベーションや運動することの気持ちよさなどを考慮すると私のおすすめは朝食前です。

お母さんは、テレビを見る時間などにフィットネスバイクをしてみましょう。ヨガと合わせてフィットネスバイクを取り入れた方が基礎代謝が向上しすぐ痩せたという話はよく聞きます。ヨガは知識と準備が必要ですが、フィットネスバイクはこぐことで開始できます。

 

追い込みメニューの紹介

*2

 ウォーミングアップしっかりした後、軽く漕ぎます。

体が温まってきたら20秒間、全力で漕ぎます。

20秒たったらペースダウンし、10秒間軽く流す。

20秒全力、10秒休息を1セットとして計7セット繰り返す。 

すべてのセットが終わったら、クールダウンとして軽く脚のストレッチをして終了です。このメニューは相当な疲労になるため、毎日してはいけません。そして最初はセット数を少なめではじめるようにしてください。軽い気持ちで試合前にこれをやると翌日試合場に行けないくらい脚がパンパンになります。 

  

 

 おすすめフィットネスバイク

 
 

おわりに

f:id:sirouto-kurouto:20190502155517j:plain

*3

いかがでしたでしょうか。今回はフィットネスバイクに関するトレーニングについて紹介しました。室内といっても動画のラガーマンを見てわかるように強度はかなりハードなレベルまで可能です。いつでも運動できるフィットネスバイクはラガーマンだけでなく家族の健康にとっても強い味方になってくれるでしょう。日本代表チームやトップリーグなどのトップレベルでもフィットネスバイクは導入されています。ランニングやウエイトトレーニングと合わせて効果的にトレーニングを実施しましょう。