ラグビーの学校

学生時代ラグビーをしていました。その経験をおもしろおかしく、ためになるように適当に書いてます。

【ルール解説】ラグビーの得点について

 *1

トライ(T):5点
相手ゴールラインの向こう側のインゴール内にボールを持ち込み地面につける、またはインゴール内に入ったボールを押さえ込むことをトライといいます。トライすると5点を獲得できます。

 

 *2

ゴール(G):2点
トライをしたチームに与えられる、追加得点のチャンスとなるゴールキックです。トライ地点から、フィールド左右のタッチラインに平行な線上の任意の地点からキックができます。「プレスキック」または「ドロップキック」でゴールを狙います。入れば2点が加算されます。

 

 *3

ペナルティーゴール(PG):3点
相手の反則により与えられたペナルティーキックで、反則が発生した場所からゴールを狙い 入れば3点を獲得できます。

 

 *4

ドロップゴール(DG):3点
プレー中に「ドロップキック」でゴールを狙うことをドロップゴールといい、入れば3点を獲得できます。

 

 

ラグビーの認定トライとは

認定トライとは、相手側の不正なプレーが無ければ、間違いなくトライを得られたとレフリーが判断した場合にゴールライン中央にトライが与えれることを言います。

*5

ゴール前でのスクラム、モール、ラックを故意に崩す反則を何度も繰り返すと認定トライになることがあります。故意に崩すプレーは危険ですからね。認定トライはゴールライン中央ですので、ゴールキックも狙いやすい位置となるため合わせて7点追加といってもよいでしょう。 

決定的シーンでの故意にノックオンをする反則も認定トライになりやすいです。パスしたボールが繋がればトライになるというようなどうしようもない決定的な場面では「はたく」ではなく、インターセプト(パスを奪う)を狙ったほうがいいですね。