ラグビーの学校

学生時代ラグビーをしていました。その経験をおもしろおかしく、ためになるように適当に書いてます。

【知っているかシリーズ】君はJohnny Sexton(ジョニー・セクストン)を知っているか。

ジョニー・セクストン(Johnny Sexton 1985年7月11日)はアイルランド代表のラグビー選手でポジションはスタンドオフ。身長188cm、体重92kg。

2018年度の「World Rugby Awards2018」では、最優秀選手に選出された選手です。

 

 

セクストン選手は2017年にアイルランド代表デビューし、以後、強豪相手に14試合で12トライと、SOでありながらアイルランドのトライゲッターとして注目されています。試合を見ていると、とにかくトライの嗅覚がすごい選手です。ゴール前で味方が倒された時、ボールが転がった時、ディフェンスに隙間ができた時にはセクストン選手が走りこんでトライすると思って良いかもしれません。

 

 
セクストン選手の武器はトライだけではありません。スタンドオフとしてのパススキルはもちろん、キックやタックルもチームの大きな武器です。特に精度の高いキックはコンバージョンだけでなく、キックパスやドロップゴールなども見事に決めるため、動きが予想しにくい司令塔として注目を集めています。 

 

 

f:id:sirouto-kurouto:20190510180226j:plain

出典:AFPBB News

 

セクストン選手が率いるアイルランド代表は2018年のシックス・ネーションズを全勝で優勝しており、11月17日にはNZ代表に16-9で勝利するなど、強さとカリスマ性を持ち合わせています。

2018年度の「World Rugby Awards2018」では、ジョニー・セクストン(Johnny Sexton)が最優秀選手に選出されました。 事前に発表された候補者として、ボーデン・バレット(NZ)、ファフ・デクラーク(南ア)、リーコ・イオアネ(NZ)、マルコム・マークス(南ア)も選ばれていたそうですが、セクストン選手が栄誉を勝ち取ったかたちとなります。 俳優顔負けのカッコよさですね。